ちらしのうら

ここは俺の自由帳

ホーム > アーカイブ - 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たぶん人間が嫌いなわけではないと最近気付いたわたくし

 それにしてもやっぱりあれだね。
 ネットでいくら付き合いが長かろうが、いざリアルで目の前にしたとき流れるあの微妙な空気、距離感は実に堪らないものがあるね。また俺も警戒心つよいからどうしてもそういうときは黙っちゃうので、あんまし偉そうなこと言えないんだけど。他の奴らがどうにもならない、というときでもなければ俺から進んで会話を盛り上げようとしないあたりは、うん、俺が「」だ!いや、俺が、俺たちが「」だ!!

 いつかも書いたけど、リアルにもう四半世紀の付き合いがある友人がいきなり合コン企画したくせに自分は男友達とばかり話して、そんなだから女性陣は女性陣ばかりで話してたというあの惨状を救うために颯爽と舞い降りたトークの天使やったとき、あれが俺の人生でがんばって喋ったピークだった気がするよ。もうあんな事出来るとも思えねえ。ちなみにそのときはそれだけやっておきながら、メアド交換すらせずに終わる有様。2次会までやったってのに何を忘れてるんでしょうねボク。そんなんだから何も起こらないパルプンテとか使えるようになってんだよバーカバーカ。

 というようなことを考えてたらなんか書けそうだったので書く。
 これを読んでいる方が俺に対してどういう人物像を持っているのかよく分からないんだけど、まあだいたいある種の層は可愛いと思ってくださっているようなんだけど、いや俺可愛いんじゃなくてかっこいいんだよ、ついったーでも言ったでしょ!…そうじゃなくて、まあ学園祭には行くわメッセやらついったーやら、一応mixiもあるか、色々やってるわけで、アクティブな野郎だと思われているんだろうか。また文章も内容の割には無駄に長いので、自己顕示欲の強い、饒舌な奴だと思われているのだろうか。

 ハハハこやつめ、とんでもない誤解ですよ。
 リアルわたしは職場で飲んだとき「もしかして人間嫌いですか?」と聞かれるくらいにはあんまり盛り上がらないことこの上ない人間であり、聞かれたことには答えるけれどそれ以上のことをしない、出来ないという奴であり、それでいて身内では無駄に弾けていたりと、二面性なんてご大層なものではないんだけど、身内には素…というわけでもないな、変なサービス精神旺盛なくせに、それ以外と判断した人には踏み込まないし、必要以上に歩み寄らない。これは俺がそのように生きてきた結果なので、わざわざ自分で非コミュなどとよく分からん言葉でくくるつもりはないのだけど、まあそう言われるのならそうなんだろう程度には自覚的にコミュニケーション苦手。というか、人との距離感をつかむのが非常に下手。

 まあ身内とそうでない人とで付き合い方に差があるのは当たり前だと思うんだけど、俺の場合はその振り幅が少々大きい程度なのかなーって感じ。職場で世間話すら出来ないようなことはないし、普通に談笑することも出来る。んだけど、どこまでが世間話で話していい、話すべきレベルか、みたいのがよく分からない。さすがにちんこがどうとかは言わないし言えないんだけど、たとえば前の会社だとそれは世間話として当たり前のレベルだったわけで、そういうのに対応できない。ここやついったーでちんこの話だとかするのは全然問題ないのだけど、会社で同僚が風俗でやたらおっぱいに固執して嬢に引かれた話とかにどうやって対応すればいいのかとかもう全然わかんない。おっぱいなんて飾りですよ!デカけりゃいいってもんじゃねぇだろバカ!というのがちなみにここでテキスト書いてる時の俺の反応だけど、それをリアルで言うとたぶん高確率で引かれると思うんだ。なんかリアルで小さめが好きって即ロリコン扱いじゃね?言論弾圧じゃね?

 ええと何の話だっけ。うん、とにかく「どこまで出していいか」ってのがすげえわかんない。この問いに対する答えは俺も知ってはいるんだよ。「ケースバイケース」だろ?ただ、そのケースごとの判断基準が俺の中には圧倒的に不足していて、それはこれから人付き合いを増やしたところで今更身につくものなんだろうかという不安が常にある。
 これがオンラインのみの関係だったりするとね、たとえば俺、知り合った時期からするとめちゃくちゃ馴れ馴れしいでしょう主にトモ君あたりに対して。妹さんをくださいとかよく言うし平然とトモ君かわいいとかいつも言うし。いつの間にかひものんとか姐さんとかも勝手にそう呼んでるし、またdat関連だとそれはそれですげー馴れ馴れしくしてる人たちも数名いるでしょう。ふつーに友達に対して言ったって失礼なことをゆったことさえ何度かあるはず。ていうかごめん。これは何なんだろうとか思う。俺リアルでそんな馴れ馴れしく接することの出来る人間居ないよ。あんだけ仲良さそうに見える、というか仲いいんですけど、弟たちに対してだって無理。

 まあ人間関係のあり方にに答えなどないというのが答えだってのはワカッてんだけども。なぜ勝手にバキ的に変換しますかATOK…まあいい、そういえばそんなことを俺の好きな「海賊課の一日」ラストでラジェンドラが言っていた気もする。他者が存在してこその、関係、なのですからとか何とか。そりゃそーだ。
 相も変わらず書いてる途中でゆってることが二転三転して結局まとまりゃしねえ。でもいいの。こんな事を今日はつらつらと考えましたーという意味ではある意味日記となっているであろう。そしてそれをちらしのうらに書いたわけですので文句も出ない!完璧ね!

 というわけでふたば学園祭行ってきたよ!
 どうせまだみんな飲んでるだろうから、お金なくて先に帰った俺は寂しくブログでも書いたというわけさ!!
 ちゃんとした学園祭のレポみたいのは、ほら、そのうちmgntあたりがやってくれるって!ね!!

 あと何故か名雪のふぃぎゃーくれた「」!ありがとー!
スポンサーサイト
2009/04/29 20:42:04 雑記 | TB(0) | CM(1)

これは良い悪文例ですね!へへへ!

 気付いたら一月もサボっていてこれはさすがに見捨てられているだろうなと思ったらPV変わってねぇんでやんの。皆さん何を待っているのです!奴はもう死んだ!帰ってこないんだよ!ついったーなる言葉の濁流にのまれてその最期は安らかであったというよ。だからさあ悲しまないで。というかはじめてこのスポンサーサイトがどうこうって広告見たよ!ちくしょう自分のトコに出てくると腹立つな、しね!

 というわけで更新します。更新すればまたしばらくは現れまいふははは。
 それにしても驚いたんだけど、なんかこうして一月、実質は二月くらい、俺の主観だともう半年くらい何も書いてないような気がするんだけど、書き出してみれば何気に指って動くものね。まあ今は仕事でキー叩いてるってのもあるし、何より日記に書くようなこと全部ついったーに垂れ流してるんだから、やってることが別に変わった訳じゃない。

 なのでわたしは相変わらず日々朝から晩までネット見つつ何かしてたりするのですが、なんかって何だよといわれるとモンハンしか思い浮かばないあたりがわたしの生活の貧しさを表しているようで切ない。とはいえ前エントリでティガ倒したよーとか言ってるわけですが、それ以降は何か気が抜けちゃって以前のように帰宅即モンハンごはんかっ込んでモンハン、風呂場で半身浴しつつモンハンという生活ではないです。先月の俺どんな生活してたんだよ…

 あとは近況としては姪っ子が可愛いです。近況じゃなくても可愛いのですが。
 月曜日などというのはカレンダーどおりに働いている方々にとっては忌むべき存在であり世界爆発しろと思っていることとわたしは信じているのですが、ちょっと所用で土日と実家に家族で集まりまして、つまりそこには甥っ子姪っ子がいるわけですね。呼ばれて行ってみたら何か実は重たい話題だったのでちょっと動揺したのですけど、そういうのはどうでもよくてとにかく姪っ子が可愛いので世界は爆発してはダメだ。なぜならここには彼女が迎えるべき素晴らしき未来があるからだ。別に素晴らしくないか。たぶん姪っ子が俺と同い年になるころも、きっと俺みたいな奴は日々だるいしめんどくさいし兄妹が先に結婚してショックだったりその子供があまりに可愛すぎて自分でもびっくりするくらい子煩悩になっていたりするはずで、それが姪っ子だと想像したらあまりに悲惨な未来なので俺は想像力を今封印しろ。

 そういえば最近巷ではテキストの書き方がはやっているようなのですが、わたしはそのなんていうか、えむけーつーさんの「自動筆記」にあこがれて始めたところがありますので、何はなくともまず書く!というある種スポ根といえなくもない、方法でも何でもないことから始めたので人にゆえるようなことが何もない。まあまず書きゃあいいじゃん。大人の言うせりふかそれ。

 他になんかないかなと思ってみたんだけど、そうだ、俺が日記というものを書き始めたのは16の頃なんだけど、そのきっかけは小説どらくえ5だった。久美さんのやつ。
 俺は正直小説どらくえはまず1を読んで絶望して、それからしばらく離れていたのだけど、なんか4から作者が変わって、5は話自体超好きだったこともあって、今はなき文真堂書店旧天川店で全巻一気に立ち読みしたのね。暇人め、というわけではなくて、読み始めたら止まらなくなって全部読んじゃった。ちなみに当時はまだコミックも今みたいに封がされてなかったから、夏休みともなれば俺は開店と同時に行って晩飯時までずーーーっと立ち読みをしていた嫌な客なのだけど、まあそれは別の話。
 んでだ。5ちょうおもしろかった。となれば同じ方の書いている4も気になるわけで、読んでみたらばこれまた章ごとに語り口が全然違う。ライアンのとか感心を通り越して爆笑した。すげぇ、こんなことができるのかと。そしてそれを読んだ直後の俺の日記はその章的な文体を真似しようとしてかなりひどいことになっているのでいずれ処分せねばならない、というのはともかくとして、ここでも俺は模倣から入った。詰まるところ俺は身につけたいものというとテクニックしかないのかも知れなくて、それ以前の何を書きたいかとか何を伝えたいかとかそういうのは良くわかんないので他の人に聞いてください。
 まあ、WEB時代以前に文章を書くに当たって影響を受けたものというとそれくらいかしら。

 という所まで書いてぶちこわすようで悪いんだけど、思い出した。日記書き始めたきっかけは久美さんじゃないわ。
 火浦功だ。
2009/04/27 23:59:12 雑記 | TB(0) | CM(1)
ブロとも一覧
昼飯おごってくださいよ / yadonashiなんかてきとーに / さくらっ☆だっぴ / Kマジロックファッケン日記 / リライト急場しのぎ / ミミ西富山だって住めば都 / Ras
プロフィール

しゅん

Author:しゅん

いつもいつでもやるきぜろ。

メッセ:
drink.everyday★hotmail.co.jp

ついったー:
http://twitter.com/shun_tan

この人とブロともになる

かうんた
たぶんくらい
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。