ちらしのうら

ここは俺の自由帳

ホーム > スポンサー広告 > CLANNAD 第10回「天才少女の挑戦」ホーム > 感想 > CLANNAD 第10回「天才少女の挑戦」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:-- スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CLANNAD 第10回「天才少女の挑戦」

 実に久々の久々の幻想世界。正直なところ細かい部分はもう覚えていないというか、ことみルートは大筋とオチ以外は覚えてないんだよね。どういう流れだっけな…とか考えつつ油断してるところに風子のカットとかいれないでくださいっ>ヮ<んもー鳥肌立っちゃったじゃないのっ。基本ネタバレとか考慮せず書く俺だけど、さすがに風子の件はあんまり触れるとなぁ…。
 ひらがな三つでのとみ。呼ぶときはのとみちゃん。なーんて茶化していたものだけど、さすがにメインになれば喋る機会も増えるわけで、今日だけですっかり慣れてしまってた。というかあれだけ自己紹介されれば嫌でも慣れます!繰り返しはギャグの基本というけど、オチ無しでも繰り返しそのものがなんだかシュールなギャグになっちゃってるよあの子の場合。それにしても杏はいい奴だよなあ。それだけに俺杏シナリオ苦手なんだ、というのはそのうち杏の話でも出たときに。バイオリンフラグってこんなに早かったっけ…風子に引き続いてこのペースで大丈夫か!?と思っていたところが、Bパート始まってみればものすごい加速度で次回への引き。破壊音波演出には期待してたけど、いくら何でもやりすぎだ!ちくしょうあれは吹かざるを得ない。んーこれ3週かそこらで終わっちゃうんじゃないか。27日は放映休みだからあと2回、うまくすれば年内にカタが付くよねえ。ちなみにのt…ことみルートに関しても実はオチ以外は覚えていなかったりするので、どう持っていくのかがとても楽しみ。俺はすぐ泣くのでプレイ時にはやっぱり安い涙を流してはいたのだけど、記憶にある印象としてはいい話なんだけど他に比べると地味、と言うのが正直なところ。まあ実際ライターがそれまで鍵にいた人ではなかったわけだし、というか専業作家の人だったわけだし、話自体の構成や完成度はとても高かった、ような。言っちゃっていいかな…誰もいなくならない、という意味ではいわゆる鍵的なお話よりも余程真っ当であるとは言える。しかし俺みたいな麻枝節にやられた連中は物足りなく感じるんだよなあ。自分で言うのも何だけど信者ってのはどうしようもねえよな。
2007/12/07 03:42:10 感想 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://noresource.blog99.fc2.com/tb.php/426-340dee17

品質評価 37 / 萌え評価 47 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 21 / シリアス評価 24 / お色気評価 28 / 総合評価 28レビュー数 242 件 演劇部復活の部員集めを再開する渚。なかなか進まない状況をみた朋也は、新入部員候補としてある少女を思い出す。それは、授業に出ず図...
ブロとも一覧
昼飯おごってくださいよ / yadonashiなんかてきとーに / さくらっ☆だっぴ / Kマジロックファッケン日記 / リライト急場しのぎ / ミミ西富山だって住めば都 / Ras
プロフィール

しゅん

Author:しゅん

いつもいつでもやるきぜろ。

メッセ:
drink.everyday★hotmail.co.jp

ついったー:
http://twitter.com/shun_tan

この人とブロともになる

かうんた
たぶんくらい
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。