fc2ブログ

ちらしのうら

ここは俺の自由帳

ホーム > 感想 > 灼眼のシャナII 第10話「帰ってきた男」

灼眼のシャナII 第10話「帰ってきた男」

 通りすがりの単身赴任のサラリーマン吹いた。巌さん!巌さんじゃないか!んー千草さんからしてそうだし、もうこの手のベタなキャラ造形に関しては突っ込んでもしゃあないかー。それにしても、銀色の炎を出したゆうじの件で一気にシリアスモード突入かと思いきや、この期に及んでまだ日常パートを続けますか!もちょっと簡潔にまとめていただけると俺みたいなせっかちさんにはありがたい。それが叶わないならもうちょっとこう日常にもメリハリが欲しいところ。学園祭というド定番なイベント持ってきた割になんかこう、構図的には結局ゆうじのまわりの三すくみの話でしかないわけで、書き割り風景変えて同じことしてるようにしか見えないというか。惚れた腫れたしかねぇのかよ!だいたい初対面の、しかも好きな人の親父といきなりあんな話するかー?そんななか、佐藤の「数の暴力か」といういかにも中二病な発言には少し和んだりとか。言うよねーああいうこと、俺も言ったよ昔ー。次回は以前の零時迷子の持ち主に絡んだ奴が出てくるとか何とか。いちおうwikipediaで大筋は見たけど、ようやく本編でその辺の人間関係見れるのね。銀の件、零時迷子の件、すべてがゆうじという一点に集約されてこの先どんな人間模様が描かれるのか、というのは楽しみ。なんだけど、その先にあるのが16巻のあの挿絵かと思うと深夜だというのに爆笑してしまいそうだよ俺。
2007/12/08 03:26:14 感想 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://noresource.blog99.fc2.com/tb.php/428-d1b66013

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】悠二の鍛錬は、自在法の構築を試みる段階にきていた。幾度かの失敗の後、悠二が封絶に成功した時、シャナとアラストールからの祝い言葉はなかった。悠二の張った封絶を染める、“銀色の炎”から目が離せずにいたからだ。学園祭ま、...
ブロとも一覧
なんかてきとーに / さくらっ☆だっぴ / Kマジロックファッケン日記 / リライト急場しのぎ / ミミ西富山だって住めば都 / Ras
プロフィール

しゅん

Author:しゅん

いつもいつでもやるきぜろ。

メッセ:
drink.everyday★hotmail.co.jp

ついったー:
http://twitter.com/shun_tan

この人とブロともになる

かうんた
たぶんくらい
検索フォーム